刊行案内人文(民話)『シリーズ 新しい日本の語り』>『藤田浩子の語りー新しい日本の語り 第1期第4巻』

藤田浩子の語りー新しい日本の語り 第1期第4巻

[編]日本民話の会

[体裁]四六判194ページ、DVD付き

[定価]本体1,800円+税

[ISBN]978-4-903487-62-5

2013年4月発売

  

実績ある語り部たちが一堂に会した、画期的なシリーズ。

第4巻は、日本の原風景を語り続け、アメリカで子ども文化功労者として認められた〈おはなしおばさん〉藤田浩子の語り全44話。

 

『新しい日本の語り』シリーズ概要…

 

✦疎開先の福島県の美しい自然のなかで、小学校1年生から中学2年までの8年間を過ごした藤田浩子は、隣の畑のおじさんから、たくさんの話を聴いて育った。話のあらすじだけでなく、おじさんの福島弁、青い空と草いきれ、タバコと肥やしのにおい、それらすべてをたっぷりと吸いこんで、語り部・藤田浩子は生まれた。

✦にこたにこた、ぴたら~んこ、ぐびらぁ~、ぴょんつらぴょんつら…なんともユーモラスで、しかも短いことばひとつで、場の雰囲気や登場人物(動植物)の特徴を表現してしまう驚くべき擬態語の使い手。

✦昭和日本の原風景を数十年にわたって語り続け、近年はアメリカにまで活動の場を広げてきた藤田浩子の語りの世界。隣のおじさんを独りじめして話を聴かせてもらった楽しいひとときの〈おすそわけ〉、心して味わうことにいたしましょう。

 

責任編集者・樋口淳&北村規子

44

[かたれやまんば1集]

橋役人/子守泥棒/乞食と嫁様/百屁でこりた

[かたれやまんば2集]

子だくさん/ことしゃみせん/ばか息子の挨拶/親父を焼く

[かたれやまんば3集]

蛙の坊様/風格のある幽霊/うじむしの天気予報/貧乏の神

[かたれやまんば4集]

ノミの串刺し/馬の田楽/歌詠み(葬式)/歌読み(硯)小僧と山んば

[かたれやまんば5集]夢長者/貧乏になれなかった男/ごんぼの切り口

[かたれやまんば番外編1]桃太郎(幼児編)/一寸法師(幼児編)   

[かたれやまんば番外編2]にごり川の河童/三軒長屋切り無し話  

 

藤田浩子(ふじた・ひろこ)

1937年東京生まれ。戦時中、福島県三春に疎開。隣の畑のおじさんから語りとして昔話を聞いて育つ。妹たちに語りをはじめて60年、福島県、東京都などで幼児教育にたずさわって50年。 語り手として、全国各地を巡って多彩で活発な公演活動をつづけている。

アメリカでも1995年から13年間にわたり日本語によるおはなし会を開く。言葉の壁を超え、日本語のお話のおもしろさを伝え続けたことが評価され、2003年アメリカの子ども文化功労者に贈られるInternational Story Bridge賞を受賞。『おはなしおばさんの小道具』『おはなしおばさんシリーズ』(一声社)など著書も多数。