刊行案内人文(歴史・民俗・宗教・思想)>『バロックの王 織田信長

バロックの王 織田信長

【著】渡辺豊和

 

四六判264ページ

定価=本体1,800円+税

2009年4月発売

ISBN 978-4-903487-29-8

 

ページ見本はこちら


 

安土城に隠された十字架とは?

世界に先がけて絶対王政を志向し、築城においてバロック表現を実現していた信長。独自の視点から歴史関連の著作も多い異能の建築家が、安土城の構造を読み解き、信長の背負った闇と十字架に迫る異色の信長論。

 

 ▶▶▶毎日新聞(2009.8.19)に書評が掲載されました。

序章 信長に纏いつくデーモン

第1章 天才模様

第2章 日本のキリスト

第3章 ネストリウス教事情

第4章 秦氏の軌跡1(興亡雑記)

第5章 秦氏の軌跡2(景教の影)

第6章 織田家と越前(信長の怪異)

第7章 熱田神宮

第8章 何故キリスト教を受容したか

第9章 バロックとしての天主閣

10章 安土城の真実

ヨーロッパに先んずること数十年、

信長は安土城築城においてバロック表現を実現していた。

政治的にも、自らの王権の絶対化への志向は、

ヨーロッパの絶対王政成立に80年も先んじていた。

信長のこの先見性・先駆性はどこに由来するのか?

遠いむかし、はるかペルシャの地からユーラシア大陸を渡って、

キリスト教(ネストリウス教=景教)が伝えられた…

渡辺豊和(わたなべ とよかず)

建築家、京都造形芸術大学名誉教授。1987年日本建築学会賞受賞。イワクラ(磐座)学会会長。『芸能としての建築』晶文社、『建築のマギ(魔術)』角川書店、『異人・秀吉』新泉社など建築・歴史関連の著書多数。

 

(*刊行時のものです)