糸の箱舟―ヨーロッパの刺繍とレースの動物紋

【監修】ドレッタ・ダヴァンツォ=ポーリ

【監訳】伊藤亜紀

【訳】宮坂真紀・長嶺倫子・西浦麻美子

 

四六判216ページ

定価=本体2,000円+税

ISBN 978-4-903487-65-6

2012年12月発売

✣日本図書館協会選定図書

 

 

繊細華麗な〈糸の芸術〉にこめられた 人びとの思いと技

ライオンや鹿、鷲や孔雀、サラマンダーに一角獣に鳳凰など、

多種多様な動物たちが乗り込んだ〈ノアの舟〉のように、

一枚の布に縫いこまれたさまざまな動物紋の、

歴史的・宗教的・象徴的意味を解き明かす。

本格的な研究書がまだ数少ない、

わが国のレース研究に一石を投じる注目の書。

 

 

序   

1. スペイン王室コレクションにおける動物モティーフの刺繍 

 (ピラール・ベニート・ガルシア) 

2. ジュネーヴ美術歴史博物館のレース・コレクションにおける動物表現 

 (フランシーヌ・ベッソン)

3. アメリカハクトウワシ ──新しい国家の象徴

 (ディリス・E・ブラム)

4. 「ア・レセルバ」刺繍(プント・アッシージ)による動物モティーフの象徴性──16世紀スペイン(シルビア・カルボネイ・イ・バステ)

5. ブリュッセル王立美術歴史博物館コレクションにおける動物テーマのレース作品(マルグリット・コパン)

6. アルナルド・カプライ所蔵コレクションのレースと白糸刺繍にみる動物(ドレッタ・ダヴァンツォ=ポーリ)

7. フランスのレースにみる現実の動物と架空の動物──1620世紀

 (アン・クラーツ)

8. 布の上の飛翔 ──日本刺繍における鳥文様──719世紀

 (伊藤亜紀)

9. オランダ王家のために19世紀末から20世紀初頭にかけて制作されたレースにおけるライオンの紋章(パトリシア・グリフィス・ワルドル)

 

レース用語集

あとがき   

 

【監修者】

ドレッタ・ダヴァンツォ=ポーリ(Doretta Davanzo Poli)

ヴェネツィア・グラッシ宮の美術・衣裳国際研究所に所属し、国内外で多くのモードや織物、レースの展覧会に携わる。ヴェネツィア大学、ウーディネ大学、パドヴァ大学で服飾史を講義。主著: I mestieri della moda a Venezia. Documenti, 2voll.; Le stoffe dei Veneziani; Il merletto veneziano, Novara; Abiti antichi e moderni dei Veneziani; Il Museo del merletto.Venezia-Burano他多数。 


 【執筆者】

ピラール・ベニート・ガルシア(Pilar Benito Garcìa)

美術史家。マドリッド王宮、および国家遺産織物コレクションのキュレーター。CIETA国際染織学会会員。1619世紀のスペインの織物や装飾芸術に関する著作が多い。 

フランシーヌ・ベッソン(Francine Besson)

ジュネーヴ大学で美術史専攻後、1997年よりジュネーヴ美術歴史博物館において、織物コレクションの修復と保管を担当する。また織物の展覧会のコーディネートを数多く手がける。 

ディリス・E・ブラム(Dylis E. Blum)

コネティカット大学で美術史専攻後、マンチェスター大学で博物館学を学び、コートールド美術研究所で織物保存の資格を修得する。1987年よりフィラデルフィア美術館の衣裳・織物部門キュレーター。 

シルビア・カルボネイ・イ・バステ(Sílvia Carbonell i Basté)

バルセロナ自治大学文学部卒業。専攻は美術史。1994年よりバルセロナ県タラサの織物美術館資料センターのキュレーターを務める。 

マルグリット・コパン(Marguerite Coppens)

ブリュッセル王立美術歴史博物館の織物部門キュレーター。La Dentelle hier et aujourdhui他、レースや衣裳、博物館学に関する著作多数。 

アン・クラーツ(Anne Kraatz)

フランスの服飾史家。とくにレース研究で名高く、多数の著作が英語やイタリア語、ドイツ語に翻訳されている。邦訳書としては『レース 歴史とデザイン』(深井晃子監訳、平凡社)がある。最新作はLuxe et luxure à la cour des papes de la Renaissance 

パトリシア・グリフィス・ワルドル(Patricia Griffith Wardle)

ヴィクトリア&アルバート博物館、アムステルダム国立美術館のキュレーターを経て、CIETA国際染織学会のレース・ニュース・レターの編集者。レースに関する著作多数。 


【訳者】 

伊藤亜紀(いとう・あき)

国際基督教大学教養学部教授(イタリア服飾史、色彩象徴論)。著書に『色彩の回廊─ルネサンス文芸における服飾表象について』(ありな書房)、訳書にシシル『色彩の紋章』(悠書館、共訳)、『フランス宮廷のイタリア女性「文化人」クリスティーヌ・ド・ピザン』(知泉書館)他。 

宮坂真紀(みやさか・まき)

東京大学教養学部非常勤講師。

長嶺倫子(ながみね・みちこ)

お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士課程修了。

西浦麻美子(にしうら・まみこ)

お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士課程修了。元駒澤大学他講師。