刊行案内自然科学『数の宇宙』

【ビジュアル版】数の宇宙—ゼロから無限大まで

【著】ピーターJ・ベントリー 

【訳】日暮雅通

 

定価=本体5,800+税

B5判フルカラー272ページ

2009年2月発売

ISBN 978-4-903487-27-4

✣日本図書館協会選定図書

 

ページ見本はこちら


 

数はファンタスティック、そしてミステリアス!

有理数に無理数、完全数に友愛数など、数のもつ神秘的な性質を、それを解き明かそうとした古今の哲学者・数学者・物理学者らの数奇な生きざまや、歴史上のエピソードを交えてやさしく物語る。数の描く美しい図版を道連れに、数に秘められた魅惑と不思議の世界へ。

✦日常生活はもちろん、天文学、物理学、美術、宗教などあらゆる分野にかかわる〈数〉を、身近な事例から解説。

✦歴史上の絵画や写真を多彩に収録し、視覚的に〈数〉の世界をガイド。

✦古代の哲学者から現代の物理学者まで、〈数〉の解明に挑んできた数学者たちの人間味あふれる逸話を満載。

 

▶▶▶読売新聞(2009.5.3:池内了氏評)、東京新聞・中日新聞(2009.5.24)に書評が掲載されました。

 

✦マイナス1(-1)の章:始まりの前

✦ゼロ(0)の章:“無”をめぐる数々の論争

✦1ナノの章:小さいことは美しい

✦〈1〉の章:1こそすべて

✦〈√2〉の章:無理数をめぐる騒動

✦〈φ〉の章:黄金のファイ

✦〈2〉の章:きっぱりと2分割

✦対数の底(e)の章:偉大なる発明

✦〈3〉の章:いつの世もある三角関係

✦パイ(π)の章:パイをひと切れ

✦〈10〉の章:10進法への道のり

✦〈12a〉の章:13恐怖症

✦光速(c)の章:極限の速度

✦無限大(∞)の章:はてしない物語

✦虚数(i)の章:想像を絶する複雑さ

 

【著者】

ピーター・J・ベントリー(Peter J. Bentley

コンピュータ・サイエンスと応用数学の分野で、創造性あふれる思索家。ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの名誉研究員、韓国科学技術高等研究所の共同研究教授、ケント大学名誉客員研究員を兼任。その研究は進化的計算やディジタル生物学など多岐にわたる。ポピュラー・サイエンスの著書『ディジタル生物学』のほか、『コンピュータによる進化的設計』『創造性に富む進化的システム』『成長と形態とコンピュータについて』などの編者でもある。


【訳者】

日暮 雅通(ひぐらし・まさみち)

英米文芸・ノンフィクション翻訳家。訳書はマッカートニー『エニアック 世界最初のコンピュータ開発秘話』、ラインゴールド『新・思考のための道具』(以上パーソナルメディア)、ハンセン『ファーストマン』(ソフトバンク クリエイティブ)、ロビンソン他『図説「最悪」の仕事の歴史』(原書房)ほか多数。