刊行案内人文(歴史・社会・民俗・宗教・思想)>『人間のヨーロッパ中世』

人間のヨーロッパ中世

【著】堀越孝一

定価=本体3,000円+税

四六判556ページ

ISBN 978-4-903487-56-4

2012年5月発売  

アベラールとエロイーズの恋の道行き、『カルミナブラーナ』の放浪学生、トルバドゥールの女王アリエノール・ダキテーヌ、聖女ジャンヌ・ダルクに無頼の詩人フランソワ・ヴィヨン。
ヨーロッパ中世という歴史の舞台を彩った有名無名の青春群像を、みずみずしい筆致で、臨場感ゆたかに描く。(第Ⅰ部 回想のヨーロッパ中世)

 そして、透徹したテキスト読みの照射する先に、詩人フランソワ・ヴィヨンは消えた!(第Ⅱ部 青春のヨーロッパ中世)

 ―碩学による〈青春の燔祭〉。


▶▶▶『東京新聞』2012年7月29日付読書面で紹介されました。

第Ⅰ部 回想のヨーロッパ中世

 序章 ドン・キホーテの風車  
 Ⅰ ロワールの春   

 Ⅱ 運命女神の歌
 Ⅲ 孤独な哲学者

 Ⅳ 尼僧院の暦日  
 Ⅴ 時代の典型

 Ⅵ パリの青春

 Ⅶ そのかみの貴女のバラッド
 Ⅷ 無名の旗
 Ⅸ また、ジャンヌ、気立てのよいロレーヌ女 
 Ⅹ 王の塩倉庫 
 終章 去年の雪

 

第Ⅱ部 青春のヨーロッパ中世

 序章 放蕩息子の帰宅 
 Ⅰ ヴィヨンの歌祭文   
 Ⅱ 老人の文学 
 Ⅲ 若者は書を捨てて 

詳細…

堀越孝一(ほりこし・こういち)

学習院大学名誉教授、日本大学文理学部大学院講師。専門はヨーロッパ中世史。著書に『中世ヨーロッパの歴史』『中世の秋の画家たち』『いま、中世の秋』『わがヴィヨン、『ヴィヨン遺言詩注釈、Ⅰ~Ⅳ』『わが梁塵秘抄』『飛ぶ鳥の静物画』など。翻訳書に、ホイジンガ『中世の秋』『朝の影のなかに』C.B.ブシャード『騎士道百科図鑑』など。