刊行案内>>人文(文学・文学研究)

人文(文学・文学研究)

デモクラシーという幻想―19世紀アメリカの民主主義と楽園の現実

 [著] 大畠一芳 [定価]本体2,000円+税 [体裁]四六判・196ページ

自由と民主主義との相克―19世紀アメリカ文学の解読を通して、「人民の、人民による、人民のための政治」が、「多数派の、多数派による、多数派のための政治」に堕してしまう政治風土を照射! 詳細…

放浪学生のヨーロッパ中世

[著]堀越孝一 [定価]本体3,000円+税 [体裁]四六判・440ページ

歴史と文学とのせめぎ合い――彷徨(さまよ)える青春時代の師(マギステル)たちとの出会いと別れ、さまざまな知の遍歴をつまびらかにしながら、中世世界のなかにヴィヨンを探る。詳細…

イタリア古代山岳王国悲歌

[著]増山暁子 [定価]本体2,500円+税[体裁]四六判・272ページ 

峻厳な美しさを誇るイタリア北部ドロミテ山地を舞台に繰り広げられる、美しくも哀しいファネス王国の物語――アーサー王物語の源流ともいわれる伝説群を紹介。詳細…

〈法〉と〈生〉から見るアメリカ文学

[編]越川芳明・杉浦悦子・鷲津浩子編 [定価]本体2,800円+税 [体裁]四六判・358ページ

人は〈法〉を作り、時に法に従い、時に法を逸脱する。
そのような人の営みを、3世紀にわたるアメリカ文学の作品群から読み解く。詳細…

 

ヴィヨン遺言詩集

[著]堀越孝一 [定価]本体2,800円+税 [体裁]四六判・414ページ

詩人は15世紀のパリを照射し、歴史家は時代の空気を今に伝える――中世最大の詩人とも、仏文学の父ともいわれるヴィヨンが残したとされる「形見分けの歌」と大作「遺言の歌」を全訳。30年以上にわたり足跡を追い続けてきた西洋中世史の泰斗による労作。 詳細…

 

詩人 島朝夫の軌跡

[著]島朝夫 [定価]本体4,500円+税 [体裁]A5判・544ページ

詩人であるとともにキリスト者であり、教育者、科学者でもあった著者の初期著作から、公私にわたり交流のあった詩人・芸術家の作品評、雑感やエッセイ、ライフワークの「シャルル・ぺギー論」までを収録。 詳細…

人間のヨーロッパ中世

[著]堀越孝一

[定価]本体3,000円+税 [体裁]四六判556ページ

ヨーロッパ中世という歴史の舞台を彩った有名無名の青春群像と、フランソワ・ヴィヨン=無頼詩人”伝説”の虚実に迫る論考を一冊に。 詳細…

 

物語 英語の歴史

[著]フィリップ・グッデン [監訳]田口孝夫

[定価]本体2,600円+税 [体裁]四六判440ページ

古代のルーン文字からシェイクスピアのダジャレ、携帯メールまで。”超言語”「英語」の過去・現在・未来と、生命力の秘密。 大杉正明氏推薦。 詳細…

羅生門」と廃仏毀釈—芥川龍之介の江戸趣味と実利主義の時代

[著]荒木正純

[定価]本体2,500円+税[体裁]四六判406ページ

芥川の名作「羅生門」を、明治以降の西洋文化移入にかかわる膨大な言説群の中からとらえ返し、明治政府批判の書として位置づける。 詳細…

 

シェイクスピア百科図鑑—生涯と作品

[監修]A.D.カズンズ[監訳]荒木正純・田口孝夫

[定価]本体9,500 円+税[体裁]B4変形判フルカラー304ページ

シェイクスピア全作品のあらすじや時代背景、解釈の変遷をたどり、上演史を彩る舞台や映画の名場面も収録。阿刀田高氏(作家)推薦。詳細…

 

芥川龍之介と腸詰め—「鼻」をめぐる明治・大正期のモノと性の文化誌

[著]荒木正純

[定価]本体2,500円+税[体裁]四六判320ページ 

西洋のモノとの出会いと衝撃を社会風俗からえぐり出し、その表象から探る、かつてない『鼻』解読の試み。詳細…

知の版図—知識の枠組みと英米文学

[編]鷲津浩子・宮本陽一郎

[定価]本体2,800円+税[体裁]四六判360ページ

厖大な電子情報が飛び交う今日、「知識」とは何か、「知識」を形作っているものは何かを、英米文学を題材に問いかける。※在庫僅少 詳細…

ルネサンスの華—イザベッラ・デステの愛と生涯(上・下)

[著]マリーア・ベロンチ[訳]飯田熙男

[定価]本体2,200円+税[体裁]四六判各380ページ 

16世紀イタリアで自国の平和と独立をかちとるために、権謀術数うずまく世界に敢然と立ち向かった、イザベッラ・デステの波乱の生涯。詳細…

わかれ道

[著]ローズ・ワイルダー・レイン[訳]谷口由美子

[定価]本体1,800 円+税[体裁]四六判420ページ 

19世紀末〜20世紀初めの活気あふれるアメリカで、道を切り開いていった勇気ある女性の物語。ローラの娘ローズの自伝的小説を初邦訳。詳細…

花たちのおしゃべり—「おばあさまの物語」より

[著]ジョルジュ・サンド[訳]樋口仁枝[絵]蒔悦子

[定価]本体1,400 円+税[体裁]四六変形判159ページ 

郷里の小さな村を愛したサンドが、愛する孫に贈った不思議な物語の数々。ナチュラリストとしての新たな顔を知る、珠玉の童話集。稲本 正氏(オークヴィレッジ代表)推薦。詳細…